海外では伝えることが大切

海外生活の知恵

blog

海外では伝えることが大切みなさんこんにちは。
現在台中で生活をしていて、中国語を使う比率が日本語よりも多くなっています。
それは僕の家で日本語を使えるのが僕1人だけだからです。我が家では共通語として中国語を使用しています。多分僕がいない時は、台湾語がメインで使用されていると思います。

語学は「読む」「書く」「話す」「聞く」が基本になっていますが、海外では主に会話能力である「話す」」「聞く」が重要になります。

10年前は「聞く」と「話す」が大切だった

僕の例で言いますと、10年前に初めて台湾に来た時は
「聞く」と「話す」に重点を置いて生活していました。海外で生活するにはやはり会話能力が必須だからです。留学先の学校でも、短期で「聞く」と「話す」を勉強させるので、そのカテゴリーに沿った教材を使用していました。

当時すでに30歳を過ぎていた僕は、必死に勉強しましたが、なかなか言葉が頭に入らず、5分間会話をするだけで、頭がショートしそうでした。それは「聞く耳」がまだできていなかったためです。

例えば、現地の方と話をする時に、相手が話した言葉をまず脳で変換しようとします(中国語→日本語)、そして相手に返す時にまた変換をしてしまいます。(日本語→中国語)
この作業を5分間繰り返すだけで、かなり脳に負担がかかり、すぐに疲れてぐったりしてしまうのです。

言葉はやはり現場で鍛えられる

そして台湾に来て2年後、現地企業に就職して働き始めました。
その会社では、僕が唯一の外国人だったので、中国語で「読む」「書く」「話す」「聞く」が、少なくても普通にこなせるレベルを要求されました。
また同僚の台湾人の方たちは今まで、外国人と接触したことがない人ばかりだったので、求められるレベルがとても高いと当時思いました。

例を挙げるならば、
例1.電話がかかってきたら、積極的に取り、話を聞いてメモを取る。または誰かに繋ぐ。

例2.同僚とのコミュニケーションはネイティブのスピードで対応。遅いと相手をイライラさせてしまう。

電話を取るとたいていが台湾語で話しかけてくることが多かったので、すぐに中国語で「請稍等=少々お待ちください」と言って、側にいる台湾人同僚に電話を受けてもらえれば済んだので大した問題ではありませんでした。

しかし、現地の同僚とコミュニケーションを取る時に、相手が僕が対応するスピードでは満足いかない時は大変でした。
今でも忘れられないのですが、「お前と話していると疲れる」と言われた時はショックでした。この言葉はネイティブのスピードでないとお前とは話をしたくないと言っているのと同じことですから、言われたショックよりも、どうして対応すれば良いのかでさんざん悩みました。

これは僕の語学レベルがまだ十分ではない状態で、就職してしまったので、僕の方に落ち度があります。ただこれは人や環境によって対応が違うので、すべての人がこう考えているのではないことを添えておきます。

語学力不足を痛感したならば、勉強するしかないですよね。なので、僕は会社が終わると外人専用塾に行って社会人レベルの中国語会話を勉強して、他の時間は積極的に台湾人同僚(仲の良い)とコミュニケーションを取って自分の会話力を磨きました。

入社して一年くらい経った時点で、もう同僚たちと普通に会話ができるようになっていました。というのも彼らに僕の中国語レベルが浸透してきて、僕の言っている意味が多少分からなくても、言葉を拾ってもらえるようになったからです。この時は台湾人の懐の深さに感謝しました。まさしく「雨降って地固まる」ですね。

身近で使える環境が一番大事

そして僕にとって一番の転機は、今の彼女と同居を始めたことだと思います。まったく日本語が話せない彼女なので、自分の語学力が頼りなわけです。当初は口げんかをしても、中国語でやり返すことができなかったので、とても悔しい思いをしましたが、毎日ネイティブなやりとりをしていると、「話す」と「聞く」のレベルが格段に上がっていくのを自分でも体感できました。台湾人がよく外人たちに言う言葉の一つで、「中国語の上達をしたければ、現地の彼女を作りなさい」という言葉をよく聞きます。本当に理にかなっていると思いました。

それに、当時彼女からブログで何を書いているのかが知りたいから、ブログを中国語で書いて欲しいと言われて、中国語で書き始めたことで、「書く」ことも鍛えることができたのです。中国語での更新は現在で2年9ヶ月続いています。

伝える能力が大事

これは僕の考えですが、僕は能動的行動こそ価値があると思っています。
なので「話す」>「書く」>「聞く」>「読む」の順番で勉強する優先順位をつけています。「聞く」と「読む」は受動的な行動なので、テレビや映画で、現地の言葉を聞いて勉強したり、本や新聞を読んで語彙を増やすことができます。

しかし「話す」ことは自分の会話力がある程度のレベルまでいかないと、なかなか相手には伝わりません。特に普段中国語を話していない方(日常は台湾語を使用している方)と会話をして、伝えるのは骨が折れます。

また「書く」ことも、ある程度作文能力がないと、読み手に伝えたいことが伝わりません。
2年前、このブログで中国語で更新を始めた時にある友達から、何を書いているのかあまり分からない、と言われたことがあります。それでも僕は続けました。続けないと「書く」能力が向上しないのは分かっていましたから。

海外で外国人として生きていく上で、何を感じ、何を考えているのかを伝えなければ、誰も自分の事を分かってくれません。黙っていては何も伝わらないからです。
だから「伝える」ことが大事なんですね。

伝える能力が高い人は生き残れる

生き物は、自分の子孫を残すことで、命を繋げています。
なので「自分は他人よりも優れていますよ」と懸命にアピールやプレゼンをして勝ち取った物が生き抜いています。これは我々がいる社会でも同じことが行われていて、ビジネスではお客様に自分達の製品やサービスの優秀さをアピールして、購入してもらい、利益が生じて企業として生き抜いているんですね。

上記に挙げた「アピール」も「プレゼン」も全て「伝える」能力です。
僕は、自分を「アピール」するためにブログを作って更新しています。ブログというツールを利用して、自分の存在を読み手に伝えているのです。中国語で更新してから、さらに多くの方(ほとんど台湾人読者)に自分を知ってもらえるようになりました。

今は、情報過多な時代なので、個性や特徴がないと見てもらえないほどになりました。
そんな情報に埋もれることなく自分の個性を演出して、生き抜いていきたいと思っています。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ