台湾で台風が来た時の防災対策はどうする?

海外生活の知恵

台風5

台湾で台風が来た時の防災対策はどうする?みなさんこんにちは。
台湾では8月8日は父の日です。これは「88」の発音が中国語の「爸爸=お父さん」と同じ(発音が同じだが声調が違う)だからです。我が家では毎年彼女のお父さんと食事をすることにしているのですが、今年はあいにく大型台風が直撃したため延期をすることにしました。

先週、台湾に直撃した台風はかなり大きく驚きました。幸い家の中はあまり影響はありませんでしたが、外に出て改めて今回の台風の威力を思い知らされました。

家の近くの工場の壁が崩れていました。




路上の看板が倒れていました。


公園の木がなぎ倒されていました。






道路には折れた枝や壊れた看板の破片などが散らばり、地元の方や陸軍の方が片付けていました。




電線が壊れ多くの世帯で停電が起こりました。復旧作業が行われています。


大通りの信号が停電で停止していました。車が常に走っている状態で、歩行者が向こう側に行くのも一苦労。




電気が復旧していない地域がかなりありました。コンビニが2店舗開店休業状態。




僕の住む沙鹿では今回地域によって停電被害がまちまちでした。ひどい所では半日以上停電が続いていたそうです。
そこで今後また台風が来た時の対策としてやっておいた方が良いことをまとめてみました。

台風が来たら、何をするべきか

◯ニュースや新聞などで台風情報を理解しておく。
◯停電の恐れがある場合は、携帯用バッテリーを前もって充電しておく。ノートパソコンの充電もしておいた方が良いでしょう。
◯食料や水は前もって買い溜めておく。
◯台風が過ぎた後でも外壁や看板が落ちてくる可能性があります。外出は控えめにした方が良いでしょう。
◯台風が過ぎた後は土石流が起こりやすいので、山間部の外出は避ける。

以上、今回発生した大型台風をまとめてみました。
幸い家族や知り合いで身体的な被害に遭った方はいなかったのでよかったですが、公園の木々やバス停のポストが倒れたりと我々の生活においてかなり被害がありました。
台湾は南国ですので、台風に遭う機会は多いと思います。台湾に住んでいる方やこれから移住を考えている方はぜひ気をつけてください。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ