山奥まで行って水が透き通る清水を見てきた「仙女瀑布:太平」

台中ローカルスポット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山奥まで行って水が透き通る清水を見てきた「仙女瀑布:太平」今回山奥にきれいな泉があるというので行って来ました。
台中市内から車で1時間ちょっとでけっこうな山奥まで来てしまいました。


山道を進んでいきます。




山道を降りた所に河がありました。


河の方に降りてみると透き通った河が見えました。




河水が流れている所もあれば、ゆったりと水が動いているような泉のような場所もあります。




とても静かで川の音と鳥のさえずりしか聞こえない世界。
普段どれだけ雑踏の中で生活しているかがここに来てようやく分かった。


川の水が本当にきれい。透明度が半端ない。


最近雨が降っていたらしく岩がよく滑る。岩の上を歩いてた時に滑って、片足が水に浸かってしまった。こういう時いつもトレッキングブーツがあればなあと思う。山歩き用にボーナスが出たら買うか!


川上の方まで行きたいけど靴がツルツル滑って危ないので行くのを止めた。1人なのでもし途中で怪我をしたらそれこそ命に関わるからだ。

帰ろうとした時に1組の家族に出会った。1組の夫婦と娘さんの3人。お父さんが愛想よく僕に話しかけてくれたので世間話をした。お父さんの名前は「宋さん」。なんでも「宋さん」のお爺ちゃんが日本統治時代に日本人から「ウメ」と呼ばれていたらしく、「僕のことをウメと呼んでくれ」と言われた。


その「ウメさん」が上の方まで登ったのか?と聞いてきたので僕は1人だと怖いから行ってないと答えると「じゃ、連れて行ってあげるよ」と言って連れて行ってくれた。
二人とも普通の靴で岩を乗り越えていく。「ウメさん」は慣れているらしく足取りが軽やかだった。僕は靴が滑るので、ゆっくりと腰を低くしながら登って行く。

大きい岩の向こうに大きな泉が見えた。もちろん誰もいない、ただたまに河の流れる音だけが聞こえるだけだ。泉の水面は風で揺れることもなくただ鏡のようにその形を留めていた。


僕はハアハア息せき切りながらボーとその風景を瞼に焼き付けていた。隣では「ウメさん」がニヤリとしている。「どうだい良い景色だろう、だから僕はここが好きなんだ」と言った。

「ウメさん」と別れる時に、ここは山道だから台風や雨が降った時は気をつけなさいと言われた。今年の8月に台風が来た時はここは土石流で道が塞がってしまって通れなかったそうだ。こういう自然が多い所は何が起こるか分からない。これからこういう所に来る時は最低限の準備が必要になるだろう。「ウメさん」と別れた後に気がついたのだが僕の上着とズボンが所々土が付いて汚れていた。岩を登る時に汚れたのだろう。次回は着替えを用意しないとな。次はどんな山に行こうかな。

仙女瀑布

“仙女瀑布

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ