九州ラーメン「山小屋」が台中に出店したので食べに行ってきた

台中の美味しいもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

九州ラーメン「山小屋」が台中に出店したので食べに行ってきた九州で有名なラーメン屋「山小屋」が台中に出店したと聞き、早速行ってきました!

台灣大道と民權路の交差点にそのラーメン屋さんはありました。
オープンしたばかりなので赤いパイナップル※が吊られています。
※パイナップルは台湾語でオンライ=中国語の”往來”(行き来する)と発音が似ているために、お客さんが”往來”する=繁盛するために縁起物としてお店がオープンする時必ず飾ります。

一生懸命営業中らしい。


ラーメン甲子園で優勝したらしい。こういうアピールは海外では不可欠ですね。


メニューを見ると1ページ目にこの店の看板メニュー「昭和復刻ラーメン」が載っています。ラーメン1杯230元。台中ではお弁当が4つ買える値段。


ラーメンだけでも10種類ほど。その他にカツカレーなども揃えている。




店内に入りました。厨房の中が見えるようになっています。




ブログ的には看板メニューである「昭和ラーメン」を食べなければならないのでしょうが、天邪鬼な僕は「豚骨黑蒜拉麵=とんこつ黒にんにくラーメン」を頼みました。真っ黒!


麺は食べやすい。さすが日本のラーメン屋さんですね。台湾の町中にある「日式ラーメン」とは雲泥の差。


チャーシューもちゃんとしたチャーシューでした。


黒いスープ。普段台湾料理の油っこさに慣れているので脂の多さは気にならないけどやはり塩っぱい。これは台湾の人にはきついのでは。
ちなみに僕の彼女(台湾人)が日本のラーメンを食べる時は一口食べては水を飲みます。それだけ日本の食べ物は塩っぱいのだ。


餃子も頼みました。日本の焼きギョーザです。


味は日本の餃子と同じ。


ラーメンと餃子完食!黒とんこつ本当に黒かった。


今回ラーメン1杯と餃子1皿で330元。日本円で換算すると1000円以上します。これは東京の物価の3分の1程度である台中では高額です。この高額ラーメンがいつまで台中の人に受け入れられるかは分かりませんが僕は1回で十分です。
現在台湾には数多くの日本の食材や料理があります。もちろん台湾の物価に合わせた価格で提供している所も少なくない一方、このお店のように日本で設定されている価格と同額で展開しているお店もあります。僕は現地採用者(給与設定がローカル基準)なのでローカルな視点で言いますと非常に高いです。もっと地域にマッチした価格設定をしてもらえると一消費者としては有難いなと思いますね。
色々と文句を書きましたが、日本に久しく帰っていない方や台湾の料理が口に合わない方にはこういうお店があると有難いですよね。

山小屋拉麵
台中市西區台灣大道二段182號
04-22067958
營業時間:11:00-14:30/17:00-21:00

“台中市西區台灣大道二段182號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ